住宅医

住宅医 とは

既存住宅の調査・診断から改修設計・施工に至るまでの実践的な手法を熟知した建築士です。

既存住宅の改修では、新築設計よりもはるかに高度な知識と現場経験が求められます。しかし、建築士にとってこれらのスキルを身に着ける場は、仕事で遭遇する事例以外、ほとんど無いと言ってよい現状がありました。
「量から質へ。」優良な住宅ストック社会の構築が求められる中、既存住宅の調査・診断・改修設計・施工・維持管理等の基礎から実践までを建築実務者が学ぶ場として、住宅医スクールが誕生しました。英国の建築病理学をヒントに、2006年に岐阜県立森林文化アカデミーで開講した「木造建築病理学講座」の内容を軸に、東京・大阪 他全国各会場で毎年開講しています。講義内容は、劣化耐久・維持管理・耐震・温熱・防火など24の必須講義と、ゲスト講師による7つの特別講義を実施しています。全ての必須講義を受講された方(住宅医修了生)には、住宅医スクール修了証を発行しています。

和温スタジオ主宰者は、一般社団法人 住宅医協会 の理事として住宅医スクール東京を運営する立場でもあります。地域の住まいのドクターとなる「住宅医」を育成し、既存住宅の建物詳細調査を実施するなどスキルアップを継続できる仕組みを提供することで、優良な住宅ストックづくりへ貢献することを目的に活動しています。
住宅医協会または各地の住宅医スクールに関するお問合せは、一般社団法人 住宅医協会 本部事務局までお願い致します。

住宅医協会WEBサイトへ

【Topへ戻る】

広告